So-net無料ブログ作成

湿潤治療

今朝、朝ご飯用に長ネギを切っているときに誤って左手の親指に
思いっきり包丁をたたきつけ、ガツンと切ってしまいました。
久々に激しく切り傷を作っちゃいました。
長さ3cmくらいの切り傷。しばらく血が止まりませんでした。
昼過ぎぐらいにようやく血が止まり、一安心。

さて、ここからが本題。
切った瞬間、最近読んだ、
傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)
を思い出しました。
とりあえず血を止めなければならなかったので、絆創膏を3重に貼り
その上からラップで巻いてみました。
しばらくして血が止まったら、(真っ赤な)絆創膏を外して、今度は
ラップのみ巻いてみる。確かに、しめらせておくほうが痛みは少ない。
これからの経過がちょっと楽しみ。

気になったら、読んでみてください。
(結構有名だったみたいだから読んでる人は多いかも)


傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)

傷はぜったい消毒するな 生態系としての皮膚の科学 (光文社新書)

  • 作者: 夏井睦
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/06/17
  • メディア: 新書



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。