So-net無料ブログ作成

エクサスケールの少女 [読書]

『エクサスケールの少女』 読みました。(2016/12/21読了)


エクサスケールの少女 (文芸書)

エクサスケールの少女 (文芸書)

  • 作者: さかき漣
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2016/11/26
  • メディア: 単行本



女手一つの貧しい環境で育った兄妹が母親の失踪を期に金持ちに引き取られ、妹の体を治すべく、兄が医師、工学者になって、研究を進めていくお話。
で、この妹が5歳の状態から成長しません。記憶は残るが成長しないって設定はかなり無理があるような気がしますが、とにかく5歳児の行動のまま30を過ぎます。リアルサザエさんかな?で、兄は兄で、言っていることが本当であれば、超天才です。最後に切れてマッドサイエンティストと化しますが。で、お兄ちゃんのAI研究話でメインが進むんですが、実は、妹と兄の恋人は同じ歳を取らないどおしで、けがもすぐ治ってしまったりします。まぁ、結局妹はなくなるんですがね。
で、このはなし、内容よりも、知識紹介がメインとなります。三分の一位は豆知識みたいな感じですかね。おかげで、内容が若干薄くなっちゃったかなと。豆知識は欄外参照程度にしておいた方が、良かったのかもと。
で、この話で、一番怖かったのは、無邪気な妹の最期の一言。

「ぜんぶしってるのになあ」

5歳児のまま成長せず、いつも無垢な感じだったのに、最期の一言はドライに大人で、子供の外見の中で冷静に現実を見つめていた大人な妹を垣間見た感じで、何か冷たいモノが・・・。
まぁ、内容はあまりこころに残らなかったので、何かを調べるきっかけがほしいなら、ネタは山盛りです。

では。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。