So-net無料ブログ作成

TVの破損

今年の初めくらいから、TVの画面に白い点が現れ、消えない。
液晶に良くある常時点灯かと思ったら、どうやらガラスがかけている。
大きさにして、0.5mmくらい。
damage2.jpgdamage.jpg
この大きさで液晶シャッターが破損し、常時点灯状態になっている模様。
出張点検を頼んだら、パネル交換で税込み7万円オーバー。
点検出張費(¥3,240)のみお支払いして帰ってもらいました。
何かぶつけたんですね的に言われたんですが、覚えなし。
(てか、点のような深い損傷を与えるって、どんな物ぶつけたらそうなるの?
 その点以外は特に傷等はなし)
液晶パネルは保証期間中だったのですが、保証対象外。
表面のガラスパネルって、かなりもろい物なのかな?
ちなみに機種はSONY KDL-40W900A。
2013年の10月に15万円で購入。

数年我慢して、その間にお金貯めて、4Kの地上波放送が始まったら、SONYにこだわらず買い換えよう。最近SONYとの相性が悪いような気がするし。
SONY信者の洗脳が解けかけているのかな?

それまでは、しばらく画面の白点を見続けなければならないのか・・・
ゲームはいいけど、映画だと気になるな・・・。でも、慣れるのかな?

ふぅ・・・憂鬱。

それでは。


SONY 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ BRAVIA KDL-40W600B

SONY 40V型 フルハイビジョン 液晶テレビ BRAVIA KDL-40W600B

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス



この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。