So-net無料ブログ作成

四月は君の嘘+いちご同盟+α [読書]

漫画の『四月は君の嘘』と小説『いちご同盟』読みました。

同じような話を続けて3つも読んじゃいました。
自分の中のマイブームですね。

作品的な順番は『いちご同盟』→『四月は君の嘘』→『君の膵臓をたべたい』になるのかな?

『いちご同盟』は後2作のまあオリジナル?になるんでしょうか。
今ひとつヒロインの性格が見えてこないので、読解力の乏しい自分としてはちょっと理解が難しかったかな?
ピアノ好きの主人公と野球のエースの突発的なつながりがわからなかったのと、ほとんどしゃべらない主人公をヒロインが好いた理由も自分には今ひとつ消化不良でした。
もう何回か読めば何か見えてくるのかな?

『四月は君の嘘』については、何かアニメとか劇場化とか有名な作品らしいですね。
『いちご同盟』でわかりにくかった部分をより大衆向けにわかりやすくしたのかな?
設定は驚くほど似てますしね。
ピアノを弾けなくなった天才ピアニストが成長していくお話は、多くの方と同じように結構泣けました。
亡くなった主人公のお母さんの逸話が特に泣けますね。
なんだかんだいってヒロインってほとんどヴァイオリン弾いてなかったんですよね。主人公の中では結構弾いてたみたいですけど、リアルでは2回だけ。練習とかでは弾いてましたが、最初に主人公を引っ張り出した2人の演奏が最終話まで彼を引っ張り続けたのはすごいの一言です。
欲をいえば、もっと演奏シーンがあるとよかったのかなと。でも、結局主人公を引っ張るきっかけは音楽だったけど、引っ張り続ける要因となったのはヒロインの魅力なので、ある意味ヴァイオリン奏者としてのヒロインは二次三次要素だったのかな?
あと、最後の演奏の時、未来のピアニストが涙流してましたね。世代が変わってもストーリーは続くってことでしょうか。

と、3作品を読んで、後になるほどより一般人に近づけていったのでしょうか?
前2作には野球のエース、ピアノの才能、ヴァイオリンの才能、サッカーのエース等なにかしらわかりやすい個性があったのですが、『君の膵臓をたべたい』では普通の高校生に若干の色づけ程度にしているので、より視点を合わせやすいようにしたんでしょうかね。
でも、似たようなストーリーでも人や環境なんかが違うとやっぱり違う魅力があって面白いですね。

3作品の好きな順位を並べると

『君の膵臓をたべたい』
『四月は君の嘘』
『いちご同盟』

かな?

高校生時代の自分は『君の膵臓をたべたい』の主人公に似てるので、一番親近感がもてたのかな?
友達いませんでしたが、特に表立って拒否するわけでもなく、昼休みは図書室いって本読んでましたし。
ただ、主人公ほどクールでもなかったし、勉強も今一だったので、凡庸な人生歩み続けてますが。
なんかこういう青春恋愛小説読むとおっさんも若返ったような気がしますね。

あと、これらの作品を読んだ後、中島みゆきの『誕生』が聴きたくなりました。
『君の膵臓をたべたい』とよく合うんですよね。
中島みゆきはどろどろの歌が多いんですが、たまにぐっとくるのを入れてくるんですよね。まぁどろどろのも自分は好きですが。
興味を持った方は是非聴いてみてください。
『EAST ASIA』っていうアルバムに収録されてるんですが、他に『二隻の舟』『糸』なんかも作品に重ねられるかもしれません。
すいません、中島みゆき押しになっちゃって。

さて、そろそろ青春恋愛ものも食傷気味なんで、他のジャンルも読んでみないとな、とか思ってます。
時間見つけて本屋さんいって、表紙買いしてこようかな。
(ちなみに『ラメルノエリキサ』と『また、同じ夢を見ていた』は半表紙買いです。)

面白い本に出会えますように・・・

それでは、また。





四月は君の嘘 コミック 全11巻完結セット コミック (講談社コミックス月刊マガジン)

四月は君の嘘 コミック 全11巻完結セット コミック (講談社コミックス月刊マガジン)

  • 作者: 新川 直司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/05/15
  • メディア: コミック




いちご同盟 (集英社文庫)

いちご同盟 (集英社文庫)

  • 作者: 三田 誠広
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1991/10/18
  • メディア: 文庫





EAST ASIA

EAST ASIA

  • アーティスト: 中島みゆき,瀬尾一三,デビッド・キャンベル
  • 出版社/メーカー: ヤマハミュージックコミュニケーションズ
  • 発売日: 2001/05/23
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

君の膵臓をたべたい その2 [読書]

『君の膵臓をたべたい』2回目を読み終わって。

いろいろな方のレビューを読んだりして楽しんでみました。

皆様わりと伏線の回収や表現について今ひとつと思ってらっしゃるということがわかって、へーそうなのかぁと思いました。

立派な小説家さんになると、撒いた伏線は全回収し、その全てに意味があったりするんでしょうかね?
まぁ、確かにそんな小説家さんの作品を読んだこともありますし、なるほどと思ったりもしましたが、技法としてのうまさと作品の面白さはまた別の話なので、自分はこの作品に関しては、変に全てに意味が無くて良かったかなと思ったりもしています。

よく言われてる『自殺用のロープ』のこと。
自分的解釈では、これはヒロインの心の揺れと主人公との触れあいのための小道具でだったのかなと考えました。このロープを買って以降、主人公がヒロインの心の中を占める割合がどんどん大きくなっていっているので、仮に途中で最期を迎えなくても一緒に買い物に行った時点でその役割を終えていたのではないかと邪推しています。まぁ、主人公も自殺用ロープのいたずらの行方は気にしていたみたいなので、人付き合いのいいヒロインなら何かしら結果を残してくれたかもしれませんが、確かめる術はありませんね。

表現については、笑い方、泣き方などの表現でひいたと言われる方が多かったような気がします。
これについては、技法次第でもっといい表現が出来たかもしれないんでしょうが、自分の場合は、主人公とヒロインのキャラが頭の中でたってしまっていたので、表現の方向性だけもらって、脳内変換してました。
表現技法も素晴らしい小説なら、そんな脳内変換をかまさなくても、いい表現ができたのかもしれないですが、むしろ、それが出来ないことで素直さというか作家さんの若さが作品の登場人物の若さにつながっているような感じがして、自分としてはありかなと思ったりしてます。
とくに、主人公に生きていてほしいと言われた後の「うふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふふ」のところが好きだったりします。

でも、同じ小説を読んでも、賛否両論いろんな受け取り方があるのはやっぱり面白いですね。
最初は批判的なレビューを読んで「そんなことはない」とか思ったりもしていましたが、批判があるからこそ、じゃあその部分を自分はどうやって理解したのかな?と考えるきっかけになったりもしましたしね。

本でも歌でも、読んだり聴いたりしたときに頭にビジュアルが浮かぶものが自分は好きです。漠然としたモノでは無く、具体的な形が浮かんでくるような作品が。
この作品は、頭の中に登場人物のビジュアルが浮かびやすかったので、印象が強いのかもしれません。
でも、結構鮮明に理想像を作ってしまうと、映像化されたりしたら逆に世界を壊されてしまう怖さがありますね。でも、触れ合わなければ新しい発見は生まれませんから、怖がらずに楽しんでみたいですね。

作者自身はこの本はライトノベルだって言ってましたけど、ライトノベルって小説の分類は必要なんでしょうかね?ミステリーやSFなどは種類を表しているので、まぁわかるのですが、ライトノベルって分類はいったい?ヘビーノベルとかって分類はあるんでしょうかね?ライトノベルの枠の中には全ての分類が存在するような気がするんですが、2階層目以降を分類するのが面倒なので一緒くたにしちゃったとか?
まぁ、厳格な読書家ではないので、その辺はあまり気にせずにいろんな作品を楽しんで行けたらなと思います。

いま、自分的にはこの手のジャンルが流行りなので、近いうちに同じような小説を読んで感想でも書いてみようかと思ってます。
あまり同系統だけ一時的に盛り上げると、その後冷めちゃうので要注意ですが。

それでは。

IMG_0516-Edit.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

君の膵臓をたべたい [読書]

『君の膵臓をたべたい』をよみました。

買ったのがちょうど本屋大賞の発表日の朝でした。
2位だったみたい。

で、感想としては、良かったですね。

他の方のレビューとか見ると、伏線が回収できてないとか、ありきたりとか、ラノベっぽいとか結構酷評されてましたが、自分としては面白かったです。

主人公が結構特殊でしたが、高校生って結構内向的な性質に固執することがあるので、結構ありかなとおもったり。で、自分の中の理想とそれに反してヒロインに惹かれていく主人公が読んでいてほほえましかったです。
ヒロインは余命1年と宣告されているのですが、正直、おまけ的な要素かな?と思ったりしてます。きっと、限りある時間を引き立たせるスパイスなんでしょうね。
ゆっくりと減っていく残り時間は、若い内は実感がないんですよね。でも、身内が亡くなったり、自分が年を取ったりすると、現実として目の前に現れるんですよね。

自分としては、主人公とやりとりしたメールの内容と、突然の終わり。そのギャップにぐっときました。
きっと、メールの通りにかわいらしい格好をして、待ち合わせ場所に向かうヒロインの気持ちは、かなりハイテンションだったんだろうなと。当然もう少し続くと思っていた時間が突然終わってしまった時、ヒロインはどう思ったのかなと。
生前にしても、自分はあまり乗り気ではないと思いたい主人公の気持ちと、それに反してどんどん惹かれていく主人公。また、近づきたいけど何かと理由をつけて恋人ではなく友達だと納得させようと思ってるヒロインの心情。端から見れば立派なカップルですけどね。

前の『また、同じ夢をみていた』を読んだときも思ったんですが、こういった小説とか映画とかってそれそのものでは完結していなくて、それを読んだり、観たりした人が受け取って初めて完成するんだなって思いました。

多分、高校生くらいの時にこの2冊を読んでも、感じることはあまり無かったんじゃないかと思ったりします。
受け取る側がいろいろな経験をして、物語の中にそれを重ねるから、より深く味わうことが出来るんだろうなと。

不治の病のヒロインに関して言えば、一人称視点の主人公からすると、ほとんどが明るい性格の女の子で間違いは無かったであろうと。でも、ヒロインの内面では、不安や恐怖が渦巻いていたんだろうなと思う。声に出してしまうと、形にしてしまうとそれが現実になってしまう気がして怖いのは、自分にしても同じこと。

とまぁ、年甲斐もなく、結構熱くなってしまった本でした。
あまり本を読まないから、耐性がおちているのかな?

でも、こういったことに感動出来なくなるくらいなら、耐性はいらないかなとも思ったり。

さらに年を取って、さらに人生経験を重ね、自分自身の死がより現実を帯びてきたとき(まあ、自分の終わりがどこか分かりませんが)に、もう一度同じ本を読んだら、どう感じるのかがちょっと楽しみです。
それは、この本に限らないことですが。

次は、何を読もうかな・・・

じゃあ。



君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

  • 作者: 住野 よる
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2015/06/17
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

また、同じ夢をみていた [読書]

『また、同じ夢をみていた』を読みました。

学校の宿題で『幸せ』とは何かを探す女の子と3人の『友だち』。
ちりばめられた心に残る言葉。
少しずつ見えてくる真実と不思議な感覚。

結構長い本ですが、一気に読んでしまいました。

久々に面白い本を読んだ気がしました。
内容は読んでもらうとして、なんともいえない後読感でした。
『友だち』が「また、同じ夢をみていた。」と言うたびにくる収束感。
作者も言ってましたが、これは大人の童話なんですね。

なぜか2度目に読んだ方が泣けました。

同じ作者の『君の膵臓を食べたい』も読んでみたくなりました。

最近、ゲームとYoutubeのゲーム実況しか見ていなかったので、本を読むことの良さを再認識した次第です。

次は何を読もうかなぁ・・・。

では。



また、同じ夢を見ていた

また、同じ夢を見ていた

  • 作者: 住野 よる
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2016/02/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。